>

どうやって販売するの?

リメイク品にもルールがある

リメイク品を販売する点でいくつか気を付けなければいけないことがあります。
それは、何を作るにしても一番気を付けなければならない、著作権です。
著作権とは、知的財産権の一種で創作したものを勝手に利用されない権利です。
「著作権を気にしていたらリメイク品なんて作れないんじゃ…」と思う方も多いはず。
しかしあるポイントを気を付ければ大丈夫なんです!
まず気を付けることは、ブランド品などは極力避けるようにしましょう。
ブランド品のリメイク品を製作し、販売するといわゆる「パチもの」扱いされ、訴えられてしまう危険があります。
なので水玉模様やチェック柄などのありふれた生地を使うようにしましょう。
ただ、中にはそのブランドの生地を使用したリメイク品だと明記すればOKというブランドもあるようなので、作るときはよく調べてからにしたほうがよさそうですね。

著作権にだけ気を付ければいいの?

気を付けるべきことは著作権だけではありません。
ほかに気を付けるべきことは3つ。
・意匠権
・商標権
・実用新案権
の3つです。
まず、意匠権についてです。意匠権はデザインを守る法律で、有名ブランドのバッグのデザインを真似した場合、意匠権侵害として訴えられる可能性があります。
次に商標権ですが、これは有名ブランドのロゴそっくりのデザインを施したり、漫画のキャラクターをあしらった場合は高い確率で商標権侵害になるでしょう。
最後に実用新案権です。これは前記の二つに比べたらあまり聞きなじみがないかもしれません。
これはレシピ本のようなものに載っているものをそのまま真似て作った際に、その案が実用新案登録されている場合に発生します。
ですが、実用新案登録されているかどうかを調べることは素人である我々には難しいですよね。
ある程度難しいレシピだと感じたら、そこにオリジナリティーを加えることでこれを回避することができます。


この記事をシェアする